ChelseaArt Academy

/

私と後藤さんは今回もYさんのお宅に滞在しました。
もと大学の音楽教育の先生でピアニスト今も自宅で教えています。
三ヶ日に3ヶ月滞在された事がありそのときにアトリエでピアノを弾かれたりボイストレーニングを受けたり一緒に子供にワークショップを行ったり 浜松をご案内したり・・・そんな関係でお招き戴きました。現在国際的に女子留学生を受け入れられており今回もスエーデン、韓国、日本からの学生と会う事が出来ました。
私だけが男性ということでグランドピアノ3台並ぶ音楽室にスポンジを敷いてそこに泊めていただきました。
昔会社への新入社員がピアノが好きでグランドピアノを買って狭い寮に入れ自分はピアノの下に寝ていたのを思い出します。
夕食は時間が決まっていて皆が大きなテーブルで戴きます。
最初にお祈りをするのですが英語、スエーデン語、韓国語、日本語
と続きます。テレビは見る事がなく、食事をしながら会話を楽しみます。私と後藤さんの会員になった祝いと帰国のお別れ会を兼ねてYさんがパーテイーを開いてくれました。
私達の作品を壁にデイスプレーし即席の展覧会です。
友人の音楽家がウクレレを持ってきてくれて歌詞フアイルを配り皆で合唱です。
懐かしいフオークソングやスタンダードナンバーを次々にアルコール抜きで歌うのです。皆さんご家族で来られ留学生も一緒に
1時間半ほど歌いました。日本では考えられないパーテイーです。
その後ダイニングでケーキや果物を戴きながらお話11時ごろに最後の人が帰られました。
健全なパーテイーですね。
私達は皆さんを玄関でお見送りします。
本当にYさんは良く面倒を見てくださいました。
感謝、感謝です。

Scroll Up