ChelseaArt Academy

/

日曜日にはワーフの入り口から延々とテントが並びます、絵画や工芸品などの出店です。
沢山出ているのですが芸術品といえるものは少ないのです、でも何箇所かはレベルの高い作品もあります。私が面白いなと思ったのはソーラ電池を組み込み金属製の大きな蝶が静かに羽を上下していたり魚がくねくね動いている庭への置物です。
それから白い窓のガラスの外に海の絵や草原の絵を貼り付け それを壁に固定すると窓越にそとの風景が見えるというアイデア商品がありました。
そんな店、店を楽しみながら多くの人が行き交います。
あまり沢山あるので疲れます。
LONDONの市場で私も同じように葉書サイズのガラス絵を販売したことを思い出します。

Scroll Up