ChelseaArt Academy

/

寒くなるとアトリエの玄関で寝ているサンデイーが
寒がってキュンキュン鳴きだします、黒い毛皮を
着ているというのに本当に犬は寒がりです。
対策として今までに行ったことは
1)ソフアーに座らせて寝る(高価な皮のソフアーでしたがぼろぼろに破られてしまいました)
2)セーターを着せました(これも数日でぼろぼろに破いてしまいます)
3)毛布をすっぽり頭から体全体に被せます(外に水飲みオシッコに出るたびに外に落としてきます、そのたびに掛けなおす必要がありうまくいきません)
4)木枠を組んで全体を毛布で覆う、モスクのように天井と四方に毛布をぶら下げました(これも出入りのときに爪で引っ掛けぼろぼろにしてしまいます)
5)電気座布団を敷いて寝ました(数日でコードを噛み切ってしまいました)
そんな訳で
今回は木材を買ってきて犬小屋を作り天井にコタツの
赤外線ランプを取り付けました、コタツの下が大好きなのを思い出してのことです、ただ天井はうんと高くしました。
天井に開け閉めできる蓋をつけて温度の調節をします
入り口は厚手の人工皮革のカーテン、 窓を一つつけてこれも
後でカーテンつけます。
サンデーは最初警戒してなかなか入りません。
外でキャンキャン鳴いていましたが 干し肉で誘い込み
やっと犬小屋に入ることが出来るようになりました。
ヒーターをつけると暖かいのでこれで冬は越せそうです。
まだ暖かいのでつけませんが・・・
おかげさまで連休はこれで時間をとられてしまいました。
毎日うんちとオシッコの始末 散歩(これはサボってばかりですが)
本当に犬は大変です。

Scroll Up