ChelseaArt Academy

/

今期風景を描くの課題では皆さんに サムネイルトーナルスケッチを描いてもらってから本番を描くようにしています。
白黒のトーンと形ですばやく作曲をするという狙いなのです。
スケッチが出来たところで見せてもらうと6段階のトーンがなかなか
理解されていない事が多いのです。
線描きのスケッチになっているとか 又はまったく写真とは逆の
トーンになっているとか、写真に忠実すぎてトーンの構成がおかしいとか・・・写真をもとに自分で曲を創るという事が分かっていない。
これがしっかり出来たらかなり理解されるのではないでしょうか。
トーンごとに面を色に置き換えてフアーストウオッシュをおきます。
この時に細部の要素を描くのではなくむしろ抽象的に面白いようにテクスチャーや色の変化を重要視して描きます。
これで絵の骨格が決まります、この上に対象を案じさせる程度に細部を描き込みます。
これで終わりです、毎回デモでこの過程を見ていただいていますので
かなり理解されてきたのではないでしょうか。
人物も静物も基本的には同じです。

Scroll Up