ChelseaArt Academy

/

展示会をめぐっていて楽しい挨拶文に出会いましたので
少し長いですが紹介致します。

ご挨拶
ご来場頂きました皆様に、私たちの現状を恥ずかしげもなく吐露致します。
私たちはだんだん歳をとって、後期高齢者に迫っています。
歳をとったからと言って絵がうまくなる保証はありません。だんだん生気も
薄れ、干からびもきて、薄汚れた絵になってきているのです。しかし
私たちの中には、益々うまくなってきていると、信じ切っている輩がいます。
自分にはうまくなったように見えているのです。それは、目が霞んできて
いるからです。私たちはお互いに絵の批評を致しますが、誰も目が
霞んできている自覚が無い為、自分の絵が一番上手だと言って引き下が
らない輩ばかりになってきて揉め事が絶えない状況です。
ご来場の皆様も、だんだん平均年齢が高くなってきています。ここに展示
してある絵を見て、下手な絵ばかりだと思う人もおいでかと思います。
しかし、高齢者になって視力が落ちると、上手な絵も下手に見えることも
あるのです。もし下手な絵ばかりを並べてあるように見えた方は、一度
眼科へ行って。視力検査をする事をお勧め致します。

これを読んで、ふふっと表情の緩む方は柔軟派、こんなもの掲示して高齢者に
失礼ではないかと怒りだす方は石部金吉派。 皆さんは?
― さぬきよしと

Scroll Up