ChelseaArt Academy

/

7月31日、全員で元気に終了日を迎えた。シニアの多いこのクラス、これからもこの状態が続くことを祈るばかりである。
恒例の反省、抱負の弁 ホー  ニヤリ  ヘエー のお話で賑わう。 言わく, 人物を描くにトーンの捉え方がつかめてきた感じ、 お花のベテランから
これからは人物も配した生活感のある風景画に力を入れる、 大作に取り組む為プロジェクターを活用したい、 夏休みは四国遍路を結願する、 免許証を
返上したので足がなくなった、天浜線でぶらりスケッチに挑戦する、 昔の絵に比べると自分でも上手くなったと思う、 うどんパーティーをやるのでお楽しみに、等等  体力の衰えを全く忘れた気若のお話ばかり。 体の事も考えてやらねばといらぬ心配が出てくる。上野先生からは今年で14年目、マンネリにならぬ事を最大のテーマにこれからも続けると。有難いことである。 先生にはいつまでも心身共に健康でいて頂き、チェルシーが長く楽しめるようこれからはご厚意に甘え、つい長くなりがちな授業時間を出来るだけ定刻には終わるよう協力しなければの感を強くしました。
ー さぬき よしと

 

Scroll Up