ChelseaArt Academy

/

クラブツーリズムのスケッチ旅行同行が契機となって
3箇所の棚田を描きました。
引佐の「久留米木の棚田」
恵那の「坂折の棚田」
菊川の「千框の棚田」
昔は日本の何処にでも見る事が出来た棚田も 今では
殆ど見る事がなくなりました。
残っているところは観光地として人を集めている位です。
しかしこれも後継者がいなくて殆ど継続する事が難しい
ようです。棚田が放置された草むらを菊川で見ました
段々状の草むらがあるだけです。
菊川でも今は見たところ20%くらいしか現存していない
何処でもそうですが一般の人に貸して稲作を楽しんで
もらっているそうです。
菊川は日没時に水面が光って素晴らしい光景になるそうです
今はまだ稲は小さく水面が良く見えます。
お薦めです。

Scroll Up