ChelseaArt Academy

/

浜松双鶴での個展に名古屋、大阪からも見に来ていただき
感謝しています。
来ていただいた方に私のスケッチに対する考えをお話させていただいていますが、ここに参考に書き込んでみたいと思います。

私はスケッチは音楽の即興演奏や吟遊詩人の即興詩のようなものだと思っています。
ワンフレーズのメロデイーをもらって楽器を即興で演奏したり歌を歌ったり、テーマをもらって即興で詩を語る等のように、スケッチは景色を眺めそこから即興でビジュアルに作曲(画)、演奏(描写)する・・・それが見る人に感動を与えられるかどうか・・だと思います。
同じ対象を前にしてもそれを演じる人により感動が違うように、絵も
描く人によって素晴らしくもなり、陳腐であったりもします。

私、思い返すにその景色が良いと言う事よりも そこを描いたある画家の絵に感動し あ~自分もこんな素晴らしい絵を描きたいと思うのです。そうして何故この画家はこんなにも素晴らしく描けるのかと研究を始めるわけです。

Scroll Up