ChelseaArt Academy

/

2回のデモを行いました。
薔薇を描いたのと写真からベニスの風景を描きました。
絵のスタイルは人によって異なります。
いろいろなスタイルがあるから楽しいのです。
自分の好きなスタイルを追求すればいいのですが
他の人の実際に描くところを見る事はスタイルの
好き嫌いは別にしてとても参考になるものです。
道具、筆使い、色使い、構図・・・・・
色んな場面で参考になる事があります、今回もそういう
意味で韓国からの皆さんも参考にしていただいたと思います。
さいごにお一人お一人に何か得るところが有ったかどうかを
聞いて見ました。
・細部に囚われず全体を大きくトーンの段階でとらえることの
重要性。
・見たとおりでなく歌いたいことを自分で創造して行く事。
・筆使いはゴルフと同じ最少必要な手数で描く。
・まずは楽しく描くこと。
・ソフトエッジハードエッジ(ロスト$ファウンド)を組み合わせ  る。
・絵でも作曲と演奏に例えられる。
・ネガテイブペインテイングが水彩画の画法の基本。
・その他
皆さん何かを掴んでいかれたようです。

Scroll Up